晴れ間が恋しい


10月22日に行われた即位礼正殿の儀も無事終わり、
内外に令和天皇の即位が示されたわけですが、
各国来賓の衣装が上品に抑えながらも
あふれ出るゴージャス感があり、
TV中継を見ながら
そこに一番の見どころを感じてしまいました。


さて、今回の更新では
かなり特殊な工事を受注したので紹介していきます。

工事内容としては
茨木市内の汚水と雨水が最後に集まってくる
大池ポンプ場というところに繋がる排水管路の更生工事です。


管更生工事とは、
地中に埋設されている老朽化した
排水管の内面を補修・補強つまり更生し、
もっと長く安全に使えるようにしよう
といった目的のもとに行われる工事のことです。


メリットとしては、
開削つまり道路を掘って管を入れ替えるとなると、
道路を大幅に規制しなければいけないのですが、
管更生では管内での作業でできる、
一時道路を占有したとしても開削と比べて
短期間・省スペースで施工できるという点があります。


さてそれでは今回の工事を見てみましょう。

まずは管内の調査をし、
漏水個所などを補修していきます。
P9250010-1.jpg

補修が終われば、管内にリングを組み立てていきます。
鋼製リングと呼ばれるのですが、これが補剛材となります。
リング組立-1.jpg


鋼製リングの組立てがある程度進んだ時点で、
ポリエチレン製の部材を取り付けていきます。
感覚としてはレゴやプラモデルを
パチッパチッと組み立てていく感じでしょうか。
PA010007-1.jpg

ある程度進んだところで組立状況の写真を撮ると、
管の奥がバニシング・ポイントとなって
なにやら現代美術の様相を呈してきました。
SF映画の宇宙船の中といわれても信じてしまいそうです。

立ち馬さえ置いていなければ(笑
PA070012-1.jpg
このあと既設の管と更生部材の隙間に
グラウトを注入して完了となります。


管更生工事は、既設の配水管を生かしながら作業を行うので、
かなり過酷な作業環境です。

蒸し暑く、臭気もありますし、酸欠や感染症、
突発的な雨で溺れる危険もあります。

日々こうした危険の芽を摘みつつ、
安全に作業ができるよう
綿密なミーティングと役割分担を
朝礼はもとより始終行っております。

竣工まで無事故無災害でがんばろう!

今日も一日ご安全に!

| コメント(0)

コメントする

アイテム

  • PA070012-1.jpg
  • PA010007-1.jpg
  • リング組立-1.jpg
  • P9250010-1.jpg
  • PA020018-1.jpg
  • P9240002-1.jpg
  • P9110012-1.jpg
  • P9010016-1.jpg
  • P8020007-1.jpg
  • P7180014-1.jpg

月別 アーカイブ