もう3月半ばと聞くと、1年ってホントに早いなあと感じます。


さて、今年は花粉の飛散量が前年比で3倍近くと
今年から花粉症デビューされた人も多いのではないでしょうか?

かくいう私も、鼻はグズグズ、目は痒いと
花粉症の症状が出ております。

みなさんも外出時にはマスクを着用する、
帰宅時は花粉を服から払い落とす、
ヨーグルトを食べるなど、
予防と症状の緩和に努めていきましょう。


それでは今回の更新も
「市道総持寺駅前線道路改良工事」
の現場となります。
他の現場もあるのですが、
写真の見栄えが良いので続きます(^ ^)

今回の工事では大きく2つの工法を使用して
ボックスカルバートの据付を行っていくのですが、
今回の更新では、そのうちの一つ
リフトローラー工法での函体据付をご紹介したいと思います。
 
床付が終われば、リフトローラー工法で使用する機械が走るための
走路を作ってやる必要があります。

基礎コンクリートも兼ねてはいるのですが、
走路ということで鉄筋を仕込んであります。
P2090014-1.jpg

走路用コンクリートの養生と脱型が終われば、
機械の登場です。

P2130001-1.jpgなんとも表現しがたい形ですが、
手長エビみたいだなと思いました。

現道での工事なので、
クレーンだけを使用して函体を据付けようと思えば、
全面通行止めでの施工となってしまい、
現実的ではありません。

そういった施工に障害がある箇所での施工の為に
考えられた機械がリフトローラーなんだそうです。

以下写真を加えて手順を追っていきましょう。


まずは機械の前にクレーンで
ボックスカルバートを吊り降ろします。
P2140003-1.jpg
そうすると機械の特徴的な2本の腕で製品を保持し、
据付箇所まで自走していきます。
P2130011-1.jpg
P2130016-1.jpg
あとはもう据付箇所にて微調整を施せば据付完了となります。

専門業者の方に話を聞くとあちこちで採用されていて
機械の段取りが大変なほどだそうな。
P2150001-1.jpg
据付誤差も許容値内で据え終わりました。
引き込み管も接続して、埋設したら、
とりあえずこの区間は完了です。


まだまだ工事半ば。
これからも安全第一で施工を進めて行きますので
よろしくお願いします。


今日も一日ご安全に!


| コメント(0)


本日の更新は、大変喜ばしいお知らせとなります。

なんと弊社の従業員が、大阪府様より
平成30年度「優秀建設施工者」の熟練工部門で表彰されました!

会場は大阪府庁本館5階の正庁の間です。
ニュースでしか見たことの無かった場所に入れて感激です。
P2070002-1.jpg

松井知事は公務でご欠席だったので
副知事より表彰状を頂戴しました。
P2070003-1.jpg

今回は「優秀建設施工者」のうち、
建設機械運転工として表彰していただいたのですが、
弊社としても過去に例のない本当に喜ばしい出来事で、
受賞した本人も嬉しそうな表情を見せておりました。

P2070004-1.jpg
Hさん!おめでとうございます!

安全施工と後進の育成に、より一層力を注いで
明日からまた気を引き締めていきましょう!

このような光栄な表彰を受けられるように
従業員一丸となって邁進していきますので
金田建設工業を今後ともよろしくお願いいたします!

今日も一日ご安全に!

| コメント(0)


1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言ったものですが、
この間正月を祝っていたかと思ったら、
もう節分も終わって2月です。
この調子だと、6月ごろには
「もう6月!?」と驚いていることでしょう。

さて、去年に茨木市様と契約をしました
「市道総持寺駅前線道路改良工事」の現場を紹介します。

本工事の目的は、既設の水路をボックスカルバートにて暗渠化し、
現道を拡幅するというものです。
交通量の多い場所での施工となるので、
まずは施工ヤードの確保からです。

去年の施工写真です。
ブログの更新をもっとまめにしなければいけませんね・・・。
PB120008-1.jpg

PB140018-1.jpg

近隣マンションから茨木市へ譲渡された公園でしたが、
マンションにお住まいの方の理解も得られ、
施工ヤードとして確保することが出来ました。
ご厚意に感謝いたします。
おかげさまで立派な施工ヤードを確保することが出来ました。
PA270015-1.jpg

PC010007-1.jpg

ちなみに現在なにをしているかというと、
試掘を終らせ、各関係機関との協議も終わり、
ようやく年明けから水路の取壊しと仮設工といった
本体工事に着手していっています。

P1240001-1.jpg

P1250013-1.jpg

本工事の工期は2019年9月30日と長丁場となっています。
現在も鋭意施工中で、近隣の方、ご通行中の皆様には
ご迷惑をおかけしておりますが、
弊社も安全第一で早期の竣工を目指しますので、
なにとぞご理解のほどよろしくお願い致します。


今日も一日ご安全に!


| コメント(0)

明けましておめでとうございます。


i-inosisi9縮小.png

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。
旧年中は一方ならぬご厚情を賜り
厚く御礼申し上げます。

本年も、工事施工安全と商売繁盛へ向け
社員一丸となって頭を絞り、身体を動かしてまいりますので
何卒ご指導ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

| コメント(0)


前回の更新をしたときには、
ちょうどいいくらいの気温で
まさに秋真っ盛りという気分だったはずなのに
最低気温が一桁な日が続くと、
もうテンションが下がってまいりました。
なんだか木々も色づく暇がなく
落ち葉となっているように感じますが
紅葉はこれからですかね?


さて、今回紹介させていただく現場は
市のポンプ場にあるクレーンの
年次点検時に使用する重りを作成するという
変わった工事をお手伝いしてきた現場です。


作業の流れは大変簡素で
鉄筋組立→型枠建込→生コン打設→養生→脱型→完成となります。
作った重りは、10tが2個、5tが1個の計3個でした。
まずは底板の型枠を組立てて墨出しをしていきます。

P9110007-1.jpg
ポンプ場内で製作するので、周囲を汚さないよう養生はしっかりと。
そして鉄筋の組立てなのですが、
今回は陸で組んできたものをクレーンを使用して設置し、
工期の短縮を図りました。
P9120005-1.jpg

それにしても配筋図は図面の中でも一番難解だと
個人的には思っております。
鉄筋組立というか今回は設置ですが
それも終わりましたので
型枠を墨に合せて建て込んでいきます。
P9140004-1.jpg

10tの重りは高さが800mmほどあったので
パネルを縦使いしたのですが、なかなか手間取ったようです。
鋼管でガチガチに固めたら、いよいよ生コン打設です。
ポンプ場の地下1階で製作したのですが、
大変天井が高い部屋だったので
地上部よりポンプ車を使用して打設することが出来ました。
P9150015-1.jpg

そこまで密な配筋ではなかったので
締固め作業も楽々です。

一週間ほど養生して、完成したものがこちらです。
P9220016-1.jpg
いつも道路や河川などで構造物を作っているので
こういった製品のようなものを作るのは珍しいパターンでした。


それではみなさんも体調管理にはくれぐれも気を付けて
インフルエンザの予防接種も良いかもしれません。

今日も一日ご安全に!

| コメント(0)


ジメジメと降り続いた秋雨も、ようやく前線がいなくなりました。
晴れの日にはまさに秋晴れという言葉がふさわしいような
上空高くまで澄み渡った青空は気持ちよく、
肌に当たる空気は少しひんやりとしていて、
仕事をほっぽり出して自転車で遠出したくなります。


さて、それでは第3回目の北摂霊園の現場を紹介します。
今回は本工事の主工事である
擁壁工についてまとめたいと思います。

壁面に定着用のアンカーを設置し終わったら鉄筋を組んでいきます。
配筋自体は橋脚などに比べると単純ですが、
鉄筋屋さんの作業にはいつもほれぼれします。
P9100080-1.jpg

本工事では擁壁表面が周囲の景観と馴染むように
化粧型枠という発泡スチロールで出来た型枠材を使用します。
コンクリート打設後には石積みの模様が出るはずですが、はてさて・・。
P9120155-1.jpg

型枠組立完了後に検査官の検査を受け終わったら、
いよいよ生コンクリートの打設です。
今回はコンクリートポンプ車を使いましたが、
延長が長く配管が大変だったようです。
PA060020-1.jpg
P9140027-1.jpg


山の上なので天候が変わりやすく、特に今年は長雨が続き
それに加えて大型の台風21号にも見舞われるなどで、
工程が後へ後へと繰り越され、バタバタと忙しくなってしまいましたが
以下着工前と竣工時の写真です。
1-1.png
2-1.png
3-1.png


いかがでしたでしょうか?
だいたい同じ場所から同じ方向を向いて撮影しております。
表面にしっかりと石積みの模様が浮き上がり、綺麗な仕上がりですね。

墓参者の皆様、工事期間中は大変ご迷惑をおかけしましたが、
通路は綺麗になり、石積みは補強されましたので
安心してお墓参りをなさってください。


本記事を含め全3回にわたり紹介してきたこの現場も竣工を迎えました。
さて、次は元請として大きな工事が控えておりますし、
下請として協力させていただいている現場もめいっぱい大忙しです。

それでは次回またお会いしましょう。


今日も一日ご安全に!


| コメント(0)


秋雨前線が日本上空に居座り
このところほとんど毎日のように雨が降っている気がします。

朝夕の気温は低いのに、日中は気温も湿度も高く
身体に熱がこもるような暑さが続いていますね。
こんな時の方が、熱中症に気がいっていない分
罹りやすくなるそうなので、
皆さん水分塩分補給は随時行いましょうね!


さて、前回の更新でお約束した通り
北摂霊園の現場第2回目の更新です。
本工事の主要目的は石積みの改良ですが
通路の地下排水工事も同時に行います。

P8300028-1.jpg
通路幅が狭いので超ミニバックホウでの掘削です。
小さい分動きがシビアで操作が難しいのですが
上手に乗りこなしています。

P8300029-1.jpg
掘削した土は転倒バケットに入れていきます。
旋回時は絶対に墓石に当てないよう周りに十分注意しましょう!

P8300023-1.jpg転倒バケットがいっぱいになったら
ラフテレーンクレーンで搬出します。
手元がオペレーターから見えませんので
無線を使用して指示を出します。

P8300036-1.jpg掘削した部分に単粒度砕石で透水層を作って

P9080022-1.jpg異なる規格の単粒度砕石で表層を仕上げて完成です。


さて、工期末も迫ってきましたが
最後まで無事故無災害で頑張りましょう!


今日も一日ご安全に!


| コメント(0)


前回の更新からほぼひと月が過ぎましたが
その間に気温も下がり、朝晩は特に過ごしやすくなりました。
バーベキュー、海水浴、野外フェスなど
アウトドアイベント目白押しの夏が過ぎるときは
いつも少し寂しいような気がします。


さて、前回の更新でお知らせした北摂霊園の現場の状況を
今回はお知らせしたいと思います。

施工箇所を道路から臨んだ写真です。
P7170003.JPGこの正面に写った階段を上がった先が現場です。
車も寄り付けないので資材や機械の小運搬が
大変そうなのが一目でわかります。

今回の工事の目的は、劣化した石積みの補強と
地下排水の設置ですが
なにはさておき測量です。
これがしっかりしていないとどうにもならない
肝心かなめの準備となります。
P8180042-1.jpg

測量が終わり、設計図との差異がないかなどの照査を終え、
お客様の承諾を得てから仕事にかかります。

まずはコンクリートとの付着をよくするため
石積表面の洗浄を行います。

P8210005-1.jpg

洗浄後チッピングを終えたら
アンカー削孔も並行して行っていきます。P8220015-1.jpg保護メガネと防塵マスクの装着もバッチリですね。


これから3回くらいに分けて
この現場の竣工までを紹介していけたらと思います。


今日も一日ご安全に!

| コメント(0)


前回の投稿からずいぶんと間が空いてしまい
どうもすみません。

その間には、地震があり、大雨があり、台風がありと
弊社の本拠地である茨木市でも
様々な被害がありました。

被災された方々の一日でも早い復興を心からお祈りするとともに、
弊社でもインフラ整備に今後とも誠心誠意取り組んでいきたいと思います。


さて、前回の記事でご紹介した公園の工事ですが
最初は更地だったこの場所も
P3200007-1.jpg
経験したことの無いような暑さにも負けず、
なんとか完成にこぎつけました。
P1010056-1.jpg

さて、公園工事のお手伝いを終え、
弊社では大阪府タウン管理財団さまと
7月3日に「大阪北摂霊園6区4番5列石積改良工事」を契約しました。
他にも下請けとしてお手伝いしている工事もあり、
忙しい日々を送っております。


熱中症の予防に特に気を付けながら、
ひとつずつ確実にこなしていきましょう!


今日も一日ご安全に!

| コメント(0)

沖縄から順に中国地方まで日本列島が梅雨入りしていく中、
ここ大阪もついに梅雨入りの宣言がなされました。

雨はこの業界にとっては
仕事が出来なくなるなど憎い奴ですが、
雨を必要とする農家の方にとっては恵みの季節でもあるので
一概に自分が気に入らないからといって
悪者扱いするのはいけませんね。


さて、梅雨のジメジメに負けずに
現場は元気に動いています。


茨木市内にて公園の整備をする現場のお手伝いをしています。
P1010042-1.jpg造成から入り道路境界には間知ブロックを積んでいきます。
床掘りを終え基礎砕石を敷きならした上に、
基礎コンクリートを打設しています。


P1010018-1.jpg間知ブロックに限らず、
現場で使用する材料はたいていの場合、
市の担当者の方に立ち会ってもらって
材料が規格通りかどうか確認してもらったあと、
初めて使い始めることが出来ます。


P1010019-1.jpg確認していただいた材料を使用して、ブロックを積んでいきます。
重量物なのでそもそもの間配りが大変です。


P1010003-1.jpg根石部分は完成すると埋まってしまい、
出来高が確認できなくなるので
埋戻しを行う前にあらかじめ
基礎コンクリートからの法長をマーキングしておきます。
この写真があれば竣工検査の時に根石が隠れていても、
マークから天端までの長さを測れば
出来高を問題なく確認できるという次第であります。


さて、まだ現場は道半ば過ぎといったところですが、
全国安全週間も始まるので、
より一層気を引き締めて
安全第一で現場を進めましょう!


今日も一日ご安全に!

| コメント(0)

アイテム

  • P2150001-1.jpg
  • P2130016-1.jpg
  • P2130011-1.jpg
  • P2140003-1.jpg
  • P2130001-1.jpg
  • P2090014-1.jpg
  • P2070004-1.jpg
  • P2070003-1.jpg
  • P2070002-1.jpg
  • P1250013-1.jpg

月別 アーカイブ